感染症に気をつける

感染症に気をつける

犬や猫に感染する病気や感染症もあります。そしてもしそういった感染症がペットを扱うトリミングする場でおこってしまったとしたら、そのペットショップ、動物病院、ペット美容院の評判はがた落ちです。まずそういったことが起こらないようにするには、しっかりと掃除することと、殺菌消毒です。

 

 

 

ペットが怪我をしていたり、なにか状態がおかしいときは、まずはトリミングやグルーミングというより、獣医師の診断を受けるようにおすすめしたほうがいいでしょう。ペットのなかには体調が悪いことをひた隠しにしている子もいます。

 

 

 

また飼い主も普段の生活が忙しくてそうしたペットの変化にきづいてあげられない事もあると思いますから、やはり普段の状態をよく覚えておいて、少しでも異変があれば、飼い主さんに伝えるべきだとおもいます。

 

 

 

体調が悪いのに、シャンプーやエステなどをして、よりストレスを与えても良く無いですし、もし伝染病で簡単に他のペットにうつるようであれば、同時にシャンプーやトリミングをしていた子に影響がでてしまうかもしれないのです。

 

 

 

くれぐれもそういったリスクを回避するためにも、施術をするまえにペットの様子をしっかり観察する、また道具などをしっかり殺菌消毒、使い捨てのものを使うなど、感染症を引き起こしたりしないように細心の注意が必要ですね。洗えば、拭けば大丈夫か、という安易なことを考えないで、しっかりと基本的なことを疎かにしないで環境を清潔に保ちましょう。

 

 

感染症に気をつける関連ページ

1位・トイプードル
1位・トイプードル
2位・チワワ
2位・チワワ
3位・ダックスフンド
3位・ダックスフンド
4位・ポメラニアン
4位・ポメラニアン
5位・ヨークシャテリア
5位・ヨークシャテリア
7位・シーズー
7位・シーズー
6位・パピヨン
6位・パピヨン
8位・フレンチ・ブルドック
8位・フレンチ・ブルドック
9位・柴犬
9位・柴犬
10位・ミニチュア・シュナウザー
10位・ミニチュア・シュナウザー
11位:ケアーン・テリア
11位:ケアーン・テリア
12位:狆
12位:狆
13位:マルチーズ
13位:マルチーズ
14位:ダックスフンド
14位:ダックスフンド
15位:イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
15位:イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
16位:アメリカン・コッカー・スパニエル
16位:アメリカン・コッカー・スパニエル
17位:セント・バーナード
17位:セント・バーナード
18位:ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
18位:ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
19位:ゴールデン・レトリバー
19位:ゴールデン・レトリバー
20位:ビーグル
20位:ビーグル
掲示板で探す
掲示板で探す
ペットを大事に扱う
ペットを大事に扱う
小型犬だけではない
小型犬だけではない
体力も大事
体力も大事
ペットのストレス解消
ペットのストレス解消
ペットに好かれる
ペットに好かれる